【本番前のリハーサル】一斉テスト(制限時間40分)

2019.01.23 update.

【制限時間40分】

 

本試験合格のリハーサルとしてプチ本試験問題で最後の準備をしてください。解答は、後ほど公開いたします。ではスタートしてください。!*イラスト問題や図の表示問題は、掲載していません。本格的な本試験リハーサル問題を使用しているため、イラストや図は省かせていただいています。

 

 

1、夜間は、酒酔い運転や居眠り運転の車、酔っぱらいの歩行者がいたりするので、それらに備えて慎重な運転が必要である。

 

2、バス専用通行帯を左折する場合や工事などで、やむを得ない場合の他は、たとえ車体の小さな普通自動二輪車であっても通行してはならない。

 

3、この標識のあるところでは、標識の直前で一時停止して安全を確かめなければならない。

 

4、道路を自動車の保管場所として使用してはならない。

 

5、横断歩道に近づいたところ、横断歩道の直前に停止している車があったが、横断しようとする人がいなかったので徐行して進行した。

 

6、交通法規に定められてないことでも自分本位に運転しないで、他の交通に危険を与えたり、迷惑をかけることのないような運転をしなければならない。

 

7、このような信号のときは、路面電車だけが左折でき、自動車や原動機付き自転車、軽車両は左折してはならない。

 

8、高速自動車国道の本線車道を走行中、うっかり出口をまちがえて行きすぎたときは、短い距離なら後退してもよい。

 

9、自動車は、前の車が右折などのために進路を変えようとしているときは、その車を追い越してはならない。

 

10、大型自動二輪車、普通自動二輪車の免許で普通自動車が運転できる。

 

11、普通自動二輪車の免許でエンジンの排気量が750ccの二輪車を運転できる。

 

12、運転者は、交通規則を守るだけでなく、歩行者や他の運転者の立場も考え、お互いゆずり合うことが大切である。

 

13、運転行動を変えようとするときは、合図を正確に行い、相手に自分の意志が正確に伝わったかどうか確認できるくらいの余裕をもって行動を変えるようにする。

 

14、右の標識のある道路では、最大積載量が3トンの普通貨物自動車は通行することができる。

 

15、図の場合は(後ろから見て)右折か転回、または同一方向に進行しながら、右方に進路を変える合図である。

 

16、雪道では、できるだけわだち(車のとおった跡)を避けて走行した方がよい。

 

17、高速走行中にブレーキをかけるときは、一段低いギアに落としエンジンブレーキを使うとともにフットブレーキを数回に分けて踏む。

 

18、雨の日は、歩行者が足もとに気をとられたり、雨具で視界を妨げられ、車の接近に気がつかないことがあるので、歩行者の動向に十分注意しなければならない。

 

19、右のような荷物の積みかたをするときは、出発地の警察署長の許可を受ける必要はない。

 

20、この警察官の手信号は、矢印の方向の交通に対して、信号機の黄色の灯火と同じ意味を示している。

 

21、道路の曲がり角から5メートル以内の場所は、駐車も停車も禁止されている。

 

22、ラジエーターやファンベルトは、エンジンの加熱を防ぐ役目をするものである。

 

23、路面電車が安全地帯のある停留所で停止していたが、乗り降りする人がいなかったので、徐行しないでその側方を通過した。

 

24、二輪免許を受けて1年を経過していない者は、高速道路では自動二輪車の二人乗りは禁止されているが、一般道路では二人乗りしてもよい。

 

25、一方通行、の道路では、速度の速い車はできるだけ右側を通行するようにする。

 

26、「これくらいのスピードなら事故は起こさないだろう」などといった「だろう運転」が交通事故の原因の多くを占めている。

 

27、高速自動車国道では、総排気量660cc以下の普通自動車の最高速度は100キロメートル毎時である。

 

28、時速50キロメートルでコンクリートの壁に激突した場合は、約14メートル(ビルの5階程度)の高さから落ちた場合と同じ程度の衝撃力を受ける。

 

29、横断歩道や自転車横断帯に近づいたとき、横断する歩行者や自転車がいるかいないかはっきりしないときは、横断歩道や自転車横断帯の手前でいつでも停止できるように速度を落として進むようにする。

 

30、雪みちで、こうりんが右にすべりだしたときには、ハンドルを左に切り、車の向きを立て直す。

 

31、駐停車するとき路側帯の幅が狭い場合は、路側帯の中に入らず車道の左端に沿って駐停車する。

 

32、交通整理の行われている片側三車線以上(多通行帯道路)の交差点で原動機つき自転車が右折するときは、標識により右折方法が指定されていない場合は、二段階の方法によって右折しなければならない。

 

33、運転中、計器板に赤いランプが点灯したときは、車のどこかに異常があるので、運転をやめ点検しなければならない。

 

34、交通事故の場合は、相手に過失があっても自分に責任がないときは、警察官に届けなくてよい。

 

35、深い水たまりの中を長く走るとブレーキがきかなくなって危険になることがある。

 

36、眠気を感じたときは、緊張が足りないので、目を動かさないで一点を見つめて神経を集中して運転するとよい。

 

37、自動車の死角は、小型車よりも大型車・乗用車よりも貨物車のほうが大きくなり、その車が貨物などを積載しているときは、その積載物が大きいほど大きくなる。

 

38、このようなカーブを走行するとき、遠心力はBの方向に働く。

 

39、車は、道路に面した場所に出入りするため歩道や路側帯を横切るとき、歩行者がいる場合はその直前で一時停止しなければならないが、歩行者がいない場合は徐行して通行する。

 

40、止まっている車の陰からの人の飛び出しに備えるために、車の屋根や床下などを注意深く見るとよい。

 

41、さんりんのものや総排気量660cc以下の普通自動車は、地上から2.0メートルの高さをこえて荷物を積んではならない。

 

42、対向してくる二輪車は、距離も遠く、速度も遅く感じることがあるので、右折時には特に注意しなければならない。

 

43、右の標識と標示は、同じ意味を表している。

 

44、左右の見通しのきかない交差点(交通整理が行われている場合や、優先道路を通行している場合は除く)は、徐行しなければならないが、交通の状況によっては一時停止する必要もある。

 

45、この標識のあるところでは、運転上なにか注意しなければならない箇所があることを表している。

 

46、自動車の右側に3.5メートル以上の余地がない道路で、荷物を積むため車のそばで運転者がさしずをしながら10分間、車を止めた。

 

47、対向車と正面衝突のおそれが生じたときは、警音器を鳴らすとともにブレーキを使い、できる限り左側によける。

 

48、普通乗用自動車の座席には、荷物を積んではならない。

 

49、普通免許を受けた者は、普通自動車、自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することができる。

 

50、図のような表示のあるところを通行するときは、対向車が右側にはみ出してくることがあるので、対向車に十分注意しなければならない。答えはマル

 

51、夜間はまわりが見えにくいので、できるだけ前者に接近し、有効視界を確保したほうが運転しやすく安全である。

 

52、「初心運転者標識」は、車の前面と後面の両方につけなければならない。

 

53、歩道や路側帯のない道路で駐車する時は歩行者の通行のために車の左側に0.75メートル以上あけて駐車しなければならない。

 

54、高速道路の加速車線や減速車線は、本線車道との速度差による事故を防ぐために作られたものである。

 

55、車間距離や、よこ方向の間隔に対して十分考慮するなど、たしゃとの空間的な間隔は、時間的余裕につながり、ひいては、自分のミスや他人のミスをカバーできる場合がある。

 

56、A車は、矢印のように進路変更してはならない。

 

57、タイヤと路面の摩擦は、力いっぱいブレーキを踏んで車輪の回転を止めた状態(ホイールロック状態)のときが最高となり、制動距離が最も短くなる。

 

58、免許証の更新は、有効期間の満了する日の2ヶ月前から満了する日までの間に受けることができる。

 

59、霧のときは、霧灯や前照灯を早めにつけ、中央線やガードレール、前の車の尾灯をめやすにして速度を落として走行し、必要に応じて警音器を使うようにする。

 

60、右の標識のある交差点では、原動機つき自転車は、図の矢印のように右折しなければならない。

 

61、この道路標識のあるところでは、道路に面した左側の場所に出入りするための横断は禁止されている。

 

62、踏切を通過するときは、一方から列車が通過してもその直後に反対方向から列車が近づいていることがあるので、必ず反対方向の安全を確認しなければならない。

 

63、このように正面の信号が点滅しているときは、他の交通に注意して進行しなければならないが、状況によっては一時停止することもある。

 

64、原動機付自転車の所有者は、自動車損害賠償責任保険や責任共済に加入しなくてもよい。

 

65、車を運転して集団で走行する場合、ジグザク運転や巻き込み運転など、他の車に危険を生じさせたり、迷惑をおよぼすような行為をしてはならない。

 

66、車を運転するときは、人間の感覚の中で視覚が最も重要である。

 

67、二輪車の運転者は、路面を重視した視点の動きのため視野が狭くなり、前方の状況や横の危険物の発見が遅れやすいので注意しなければならない。

 

68、二輪車のチェーンは中央部を指で押したとき、ピーンとはっているほうが良い。

 

69、歩行者用道路を許可を受けて通行する場合、歩行者がいるときは徐行しなければならないが、いないときは徐行しなくてもよい。

 

70、この標識があるところでは、午前8時から午後8時まで駐車が禁止されている。

 

71、バスや路面電車の停留所から10メートル以内は、追い越しが禁止されている。(運行時間外は除く)

 

72、高速道路でやむを得ず駐車し、停止表示器材を車の後方に置くときには、発煙筒を使って合図をするなど、後続車に十分注意しなければならない。

 

73、前方の道路を横断しようとしている人に気づいたとき、こちらに気づいて止まってくれるだろうと思わずに「ひょっとして自分に気づいていないかもしれない」と思うことが事故防止につながり、ゆとりのある運転になる。

 

74、大型自動二輪車の一般道路での法定最高速度は50キロメートル毎時である。

 

75、同じ距離であっても、大型車は近く、小型車は遠く感じる。

 

76、走行中、車の窓から空きカンを投げ捨てたりすることは、他の交通に危険を与えるばかりでなく、交通事故の原因となる。

 

77、右折や左折をする車は、図のような矢印のある通行帯を通ってはならない。

 

78、高速道路では、交通が渋滞したり、車の調子が悪くなったときに限り、路側帯を通行してもよい。

 

79、乗車定員が5人の乗用車には、運転者のほかに大人が1人乗っている場合、12才未満の子供はあと4人まで乗せることができる。

 

80、踏切内で故障などのため動けなくなったときは、一刻も早く列車の運転士に知らせることと、車をすみやかに踏み切外に出すことが大切である。

 

81、故障車を道路に放置しておくと交通渋滞や交通事故の原因となるので、JAFや修理業者を呼ぶなどしてすみやかに移動させなければならない。

 

82、車の運行前点検では発煙筒、赤ランプなどの非常信号用具や停止表示器材、スペアタイアを積んでいるかを確認することも大切である。

 

83、駐車する場合車の右側の道路上に2.5メートル以上の余地をとらなければならない。

 

84、大型自動二輪車の一般道路での法定最高速度は60キロメートル毎時である。

 

85、運転中に目が疲れたときは、見通しのよい直線部分で速度を落として、まわりの景色をながめながら運転するとよい。

 

86、交差点とその手前30メートル以内の場所(優先道路を通行している場合は除く)では、自動車や原動機つき自転車を追い越すため、進路を変えたり、その横を通りすぎたりしてはならない。

 

87、この標識のある道路では、自動車と原動機つき自転車は、40キロメートル毎時の速度で走行してもよい。

 

88、右の二つの標識は、これに対面した車に対しては同じ効果を表していると考えてよい。

 

89、車両通行帯のある広いトンネルの中では、駐停車は禁止されていない。

 

90、後退するときの手の合図は、腕を車の外に出して斜めしたにのばし、手のひらを後ろに向けて腕を前後に動かす。

 

91、夜間、一般道路に駐車するときは、停止表示器材を表示すれば、非常点滅表示灯や駐車灯、または尾灯をつけなくてもよい。

 

92、この標識のあるところでは、標識の直前で一時停止しなければならない。

 

93、ファンベルトの張り具合はピーンと強く貼っているほどよい。

 

94、気分が不安定なときやひどく疲れているとき、身体の調子が悪いときは、事故を起こしやすいから運転をしないようにする。

 

ひっかけ問題とは、読み間違いや勘違いなどのミスです。ゆっくり読むことも大事です。なれない言葉も多いので、集中して読みましょう。

 

3 / 22712345...102030...最後 »