不合格の原因は「ケアレスミス」1/4 覚えるだけシリーズ

2019.03.17 update.

不合格の原因は「ケアレスミス」。

 

ミスをゼロにすることで、格段に合格率は上がる!

不合格とは、見直しでミスに気づかないことである。

自信をもって覚えておく「正しい知識」

 

少しでも迷ったら、合否は確率になってしまう…汗。

どんどん読んで、目で覚えておきましょう!

 

一段階

 

  1. どんな道路を通行するときも交通規則を守り、交通利用者のことも考える。
  2. チャイルドシートは、しなくてよい場合がある。
  3. チャイルドシートは、座席以外に使ってはいけない。
  4. チャイルドシートは、6歳の子どもにはいらない。*6歳未満だから
  5. チャイルドシートは、発育に応じたものを使用する。
  6.  携帯電話を使用するときは、緊急のときでも車を停止する。
  7. カーナビゲーションを注視してはいけない。
  8. シートベルトをするときは、ねじれないようにする。
  9. シートベルトは、同乗者にもさせる。
  10. シートベルトをするときは、腹部にかからないようにする。
  11. シートベルトを腹部にするときはゆるくしめる。*腹部にはしめない
  12. 二輪車に乗るときは、工事用へルメットではいけない。
  13. 四輪車に乗るときは、ゲタやハイヒールではいけない。
  14. 青色灯火のときは、自動車は直進したり左折したり右折することができる。
  15. 青色灯火のときは、軽車両は、右折することができない。

16.青色灯火のときに交差点で右折するときは、横の信号が赤なら交差点の中で停止するのは間違い。

17.青色灯火のときに交差点内で青から黄色に変わったときは、ただちに停止するのは間違い。

18.黄色の灯火のときは、他の交通に注意し徐行をするのではない。

19.黄色点滅信号のときは、徐行でない。 ※注意して通行する

20.赤色点滅信号のときは、かならず一時停止をする。

21.黄色の矢印信号のときは、普通自動車は、矢印の方向へ進行できない。

22.信号機のある交差点で停止線がないときは、交差点の直前で停止する。

23.腕を垂直に上げているとき、警察官の正面の交通は赤色の灯火と同じです。

24.両手を水平に広げているとき、交差する交通は左折できる。

25.自動車は、道路の左側部分なら、どこを走行してもいいわけではない。

26.一方通行の道路では、道路の幅が狭いため道路の右側部分を通行できる。

27.道路の左側部分の幅が通行するのに十分でない所では、右側部分にはみ出して通行できる。

28.道路の幅が6メートル未満の見通しの悪い道路では、道路の右側部分にはみ出すことができない。

29.道路の左側をキープレフトで通行する。

30.道路のもっとも右側は、追い越しのためにあけておき、それ以外は、速度に応じて通行する。

31.路端から0.5メートルの部分にはみ出して通行したり停車したりできない。

32.道 路に面したところを出入りするときは、歩行者がいてもいなくても、一時停止をする。

33.大型・普通・小型二輪車のエンジンをきって押して歩くときは、歩行者として扱われる。

34.交差点の手前を進行中に緊急自動車が近づいてきたときは、交差点の手前で停止する。

35.指定通行区分を進行中に緊急自動車が近づいてきたときでも、進路を譲る。

36.交差点や交差点付近でないところでは、徐行して進路を譲る。

37.交差点や交差点付近以外のところでは、一時停止して進路を譲る必要はない。

38.一方通行の道路で進路を譲るときは、右側によける場合もある。

39.路線バス優先通行帯で交通が混雑しているときは、通行できない。

40.路線バス専用通行帯の交通量が少ないときでも、自動二輪車は通行できない。

41.路線バスの通行を妨げないときでも、普通自動車は通行できない。

42.路線バスに追いついただけなら、その横を通過できる。

43.路線バスが停留所で 乗り降りをする人を見かけても、その横を通過できる。

44.軌道敷地内で路面電車と十分な距離を保つときは、そのまま通行できる。

45.一時停止の場所で、いったん停止したあとでも交差する道路に優先して通行は できない。

46.交差道路が優先である場合、妨げないようにするだけで一時停止する必要はない。

47.交通整理が行なわれていない、同じ道幅の交差点では、左側の交通が優先される。

48.自分の車が先に交差点に入っても、直進の車が優先である。

49.キープレフトで交差点に入る方法は間違っている。

50.あらかじめ道路の右側に寄って交差点に入る方法は間違っている。

51.片側2車線の広い道を通行しているとき、交差する片側1車線の交差点の手前でも徐行はしない。

52.先に交差点に入っている場合でも、直進の車と左折の車がいれば待たなければならない。

53.一方通行の道路で右折するときは、あらかじめ道路の右端に寄る。

  1. 2段階右折の方法では、原付が自動車と同じ右折方法で通行できない。

55.小回りの右折方法で は、原付が自動車と同じ右折方法で通行できる。

1 / 22712345...102030...最後 »