③絵本の住人 かめやの「ユニークな交通安全活動」すべての中心は”思いやり”

2019.07.31 update.

原則

悪口やウソがない、ありがとうが循環する町

自分のことを先に考える「こどもの目」の人ではなく

相手のことを先に考える「おとなの目」の人が住む町。

*絵本参照

 

特徴

①あなたの得意が誰かの安心へつながる

②ありがとうが循環する町

③「お金」の代わりに「ありがとう」決済

④「ありがとう」の数があなたの生活を楽しく豊かにする

⑤相手のことを先に考えると自分の豊かさになる

⑥自分のことを先に考えると相手の記憶に残らず消滅

⑦「基地局のスゴロク」が最初の子どもたちの試練

⑧責任あるコトもモノも手にすることが出来ない

⑨誰かのために存在することができない

⑩町の上にある「空中道路」

⑪電線に吊られた「空中ゴンドラ」

⑫人が歩くところ「地面道路」

⑬サイコロ三輪Jr.の練習は子どもたちの目標

⑭お金で買うのではなく信用で買う

⑮ありがとうの記憶の量が成立と不成立を決める

⑯信用がないと責任あるモノは手に入らない仕組み

⑰安全教育の基地局にあるスゴロクでゴール

⑱思いやりの大切さ(大人の目と子どもの目)

⑲感謝が足りずゴール出来ないと消えてしまう

 

次回は…⑳から

 

 

 

PR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【物語をつくる場】

陰口や悪口がない思いやりを中心にした町。そんな絵本を子どもたちへ無料で届ける交通安全活動。「思いやり」が中心になる町づくりの「物語をつくる場」として運営しています。思いやりを中心に、ひとりひとりができることを持ち寄って、子どもたち、ひとりひとりに1冊の「絵本」届ける物語に興味ある方はコチラ↓

(Fbグループ)スゴロク町の交通安全

【メルカリから購入】

かめLab交通安全プロダクツ制作所の商品は、メルカリから購入いただけます。通販第1弾「免許学科リハーサルセット」。これから様々な交通安全プロダクツを企画中です。制作の現場はコチラ↓

(Fbグループ)かめLab交通安全プロダクツ制作所

1 / 612345...最後 »